忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年07月28日23:54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2010年03月11日08:49
 愛染恭子がラストヌードを披露する映画『奴隷船』(原作:団鬼六)の初日舞台あいさつが6日、東京・銀座シネパトスで行われ、主演の愛染をはじめ、諏訪太朗、三枝美央、友田真希、そして金田敬監督が登壇した。

 1981年にハードコア映画『白日夢』に主演したほか、数々の作品で文字通り体を張った熱演を披露してきた愛染が、映画『奴隷船』でヌードを封印することになった。会場には往年の愛染めファンが多数駆けつけ、立ち見も出る盛況ぶり。愛染が登場すると客席のあちこちから「よっ、愛染!」のかけ声が飛んだ。「最後の裸の仕事が、団鬼六先生の原作ということですごく光栄。小さな運命を感じます」と愛染。撮影に入る1か月前からダイエットを始め、6キロ体重を落としたと役作りの苦労も明かした。

 そんな愛染は今月1日、沖縄県・武富沖で起こった旅客船炎上事故に巻き込まれていたと衝撃告白! 事故が発生したとき、たまたま近くを航行していたフェリーに救助され、ケガはなかったが、「ラストヌードの作品が、あわや遺作になるところでした」と笑えない発言。ヌード引退後も女優の仕事は続けるそうで、「脱がないことで新しい愛染を見ていただければ」と決意を新たにしていた。

 『奴隷船』はSM小説の大家である団鬼六の短編小説を映画化した作品。奴隷船と称する屋形船の船内で、他人の愛人を競り落とす遊びに興じているSM趣味の男たちを前に、愛染演じる美人女将が堕落する様をエロチックに描いた衝撃作。


[Yahoo!ニュース]より


 懐かしいお名前ですね。本番女優みたいなことで注目を浴びた時期がありましたね。当時は衝撃的なこととして話題になっていましたが、今ではAVの世界ではそれが普通になっているのではないでしょうか?時代の移り変わりを感じますね。
PR
<< テレビ朝日アナウンサーが結婚 強化費に“30歳定年制”導入へ>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]