忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年04月25日21:26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2011年01月31日16:05
 アジアのサッカーの王者を決めるアジアカップ・決勝戦が29日、テレビ朝日系で深夜0時から放送され、平均視聴率が33.1%、瞬間最高視聴率は深夜0時46分の37.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と深夜帯にもかかわらず高視聴率を記録した。25日の準決勝では伝統の日韓戦をPKで制し、決勝では強豪国・オーストラリアを1-0で下し、04年の中国大会以来、2大会ぶり史上最多の4度目の優勝を飾ったこの日、延長戦を含む120分を戦い抜いた“ザックJAPAN”と共にその歓喜の瞬間を見届けようと、多くの視聴者がテレビの前に釘付けになったようだ。

 キックオフから前後半90分。どちらも失点を許さない攻防戦が続いたが、ついに延長戦後半4分、長友佑都選手があげた左サイドからのクロスボールに李忠成選手が合わせ、見事なボレーシュートでゴールネットを揺らした。しかし、試合終了直前、ロスタイムに入ってからオーストラリアにフリーキックを許すなど、審判の終了を告げるホイッスルが鳴り響くまで、一瞬たりとも目が離せない展開をみせていた。

 今月9日から始まった日本のグループリーグでの戦いは、初戦のヨルダン戦で17.2%、13日のシリア戦は10.8%、17日サウジアラビア戦は23.4%、そして準決勝は35.1%と深夜のシリア戦を除いて右肩上がりで視聴率を伸ばしてきた今大会。大会最優秀選手(MVP)には本田圭佑が選ばれた。



[オリコンニュース]より


 私もサッカー好きですから、全試合見ました。BSでも放送しており、どちらも見ることができる環境ならNHKを選択するサポーターも多いでしょうから、実際の視聴率はもっと高かったことでしょう。それにしても、ザッケローニ監督の采配のすばらしさは、ワールドカップ南ア大会の岡田前監督も霞んでしまいますね。カルチョの国の指導者は今のところ、日本サッカー史上最高の代表監督ですね。
PR
<< KARA、やっぱり解散か? 柳楽優弥25キロ減量!!7年ぶり連ドラ出演>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]