忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年05月28日13:54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2011年05月09日13:50
 WBA世界バンダム級タイトルマッチ(7日、大阪府立体育会館、観衆=8000人)肉感的ボディーのタレント熊田曜子(28)が、興毅のKO劇を演出した。番組で共演した縁から初めてラウンドガールを務め、抜群のスタイルで会場を盛り上げた。

 「手に汗握る試合でした。思ったよりリングはフワフワしていましたが、お客さんの顔もみえたし、声援も聞こえました」。自身でデザインしたという金色のセクシー衣装に身を包み、熱視線を集めた。



[サンケイスポーツニュース]より



 さすがにナイスボディーですね。アメリカのボクシングでは、綺麗なラウンドガールがインターバルに登場することは当たり前ですが、日本ではビジュアル的に不向きかと思ってました。体型がアメリカ人とは違いますからね。でも、熊田さんは見劣りすることなく、すばらしいボディーを披露してくれましたね。顔も身体もすばらしいです。
PR
<< AKB48、総選挙投票券付き新曲が発売2日で100万枚突破  「キャンディーズ」スーちゃん、55歳で乳がん死>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]