忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年09月27日04:58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2011年01月18日13:49
 俳優の柳楽優弥(20)が、TBS系「LADY~最後の犯罪プロファイル~」(金曜・後10時)の第4話(28日)、第5話(2月4日)で、約7年ぶりに連ドラ出演する。柳楽が演じるのは凶悪な死刑囚の少年。一時は82キロあった体重も約2か月で25キロの減量に成功。タレントの豊田エリー(22)と結婚し、昨年10月には第1子の女児も生まれた柳楽は「さわやかになって家族のために頑張る」と意気込んでいる。

 精かんな顔つきを取り戻し、柳楽がドラマに帰ってくる。

 北川景子(24)らCPSのプロファイラー(犯罪分析官)たちの活躍が描かれるドラマで、柳楽が演じるのは17歳にして7人もの命を奪った死刑囚の少年・巽聡史。高い知能を持ち、面談に来たCPSのメンバーたちを翻弄する。

 映画「羊たちの沈黙」でアンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士をほうふつとさせる役柄で、柳楽も同映画やホプキンスの資料などを読みこみ、17日からの撮影に臨んだ。「ホプキンスの『全ては作品の中で見せないといけない』という言葉に強い感銘を受けた」

 4、5話の2話にわたり最凶の敵を演じるが、都留正明プロデューサーは「演技のみならず、独特の存在感にひかれた。巽の神秘的な雰囲気、抱えている悲しみをどう表現してくれるか楽しみ」と期待を寄せる。

 ピーク時の09年夏ごろに82キロあった体重は、昨年7月から約2か月間のダイエットで25キロ減少。1日にバナナ6本だけという食事制限やジム通いでボクサー並みの急激な減量を成功させた。「つらいときもあったけど、奥さんの支えもあって乗り切れた」。風貌もすっかり若さを取り戻し「さわやかになったってよく言われます。これからしっかり仕事しないといけないので、良かったと思う」と胸を張る。

 家族が1人増えたことも大きい。「今までは映画に強いこだわりがあったけど、ドラマの仕事の大事さも分かってきた。家族を養っていかなきゃいけないし」。家では夜泣きする子供をあやしたり、積極的に育児もしているという。「3人で公園に遊びに行ったりすると幸せな気分になりますね」。心身ともにリフレッシュした柳楽が再スタートを切る。



[スポーツ報知ニュース]より



 子役でカンヌ映画祭の最優秀主演男優賞を受賞したことで、かえって苦しいつらい時期を過ごされたようですが、家族が増え吹っ切れたのではないでしょうか?自分を評価するのは他人だったのが、今は家族がいてくれます。良い仕事をして家族を喜ばせることが一番だと思えば、余計なプレッシャーもなくなるのでしょうね。



レッドビーシュリンプ
PR
<< アジア杯決勝戦、視聴率33.1% ネット注文の「スカスカ」おせち>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]