忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年10月22日02:50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2010年09月17日09:39
 合成麻薬MDMAを一緒に飲んで容体が急変した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=を放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死など4つの罪に問われた元俳優、押尾学被告(32)の裁判員裁判の判決公判が17日、東京地裁(山口裕之裁判長)で開かれる。検察側は懲役6年を求刑。弁護側は、保護責任者遺棄致死罪など2罪について無罪を主張、執行猶予付き判決を求めており、裁判員の判断が注目される。

 著名人が被告となった初めての裁判員裁判で、最大の争点は田中さんの救命可能性。公判には計19人の証人が出廷し、評議は14日午後と15日の終日行われた。




[産経新聞ニュース]より



 押尾被告の言い分は苦しいですから、無罪は考えにくいですね。ただ、今回の裁判で明らかになった被害者の交友関係や生活振りは一般人とはかけ離れていますから、そういった面で被害者に同情の余地が狭まっているような気もしますね。



ガミラシークレット
PR
<< 伊達、39歳ラストデーにシャラポワ撃破 エリカ「涙の謝罪」は偽りだった >> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]