忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年07月24日15:48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[情報]
2009年08月18日10:59

日焼け(ひやけ)は、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状(サンバーンen:Sunburn)および、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタンen:Sun tanning)をいう。


日焼けは通常太陽、稀に紫外線人工灯への過剰照射の結果として発生し、照射された紫外線がメラニンの保護能力を越えている時に、日焼けは起こる。 メラニンの成分量は個人差があるが、一般に、より浅黒い肌の人々は色白の人より多くのメラニンを持っており、これは浅黒い肌の人は日焼けがしにくいことを意味している。

紫外線はUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、およびUVC(短波長紫外線)に分けられる。

地球の大気中のオゾンを透過する間にはいくらかの紫外線が取り除かれ、UVCは大気によってほとんど完全に取り除かれるが、15分未満で日焼けが生じる程度のUVAとUVBは、十分に残っている。以前は、UVBのみが皮膚ガンの原因となると考えられていたが、UVAとUVB両方が皮膚ガンを起こすという説もある。

日焼け現象には2種類ある。紫外線にあたった直後には発症せず、2~6時間後皮が赤くなり、痛みは6~48時間の後に最もひどくなるサンバーン(sunburn)と、24~72時間の間、色素沈着が進行するサンタン(suntan)である。日焼けが起こった3~8日後に、皮膚が剥離し始める。

サンバーンは紫外線UVBが表皮を透過し、真皮乳頭体まで達した結果、乳頭体内の毛細血管が炎症反応として充血を起こし、皮膚の色が赤くなった状態を指す。その際、紫外線量がメラニン色素の防御反応を超えていると、細胞組織が傷を受け、発熱や水泡、痛みが起きる。医学的にはこれを日光皮膚炎という。

サンタンは紫外線UVAがメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を促す。メラニン色素を多く含んだ表皮細胞が基底層から角質層に達するまで新陳代謝による時間のズレがある為、紫外線を浴びてからしばらく後で皮膚が浅黒く変色するのはこのためである。UVAは発赤や炎症を伴う事は無いが、真皮の深部まで到達しシワ、タルミの原因になる。

日焼けは熱傷深度I~II度の熱傷であり、障害部位において痛痒感、浮腫、赤変、皮膚剥離、発疹といった症状を引き起こし、その他全身症状として吐き気及び発熱と言った症状を呈する。一般に熱傷面積が広いため、熱傷深度の割には症状が重篤なものとなり、極端な日焼けでは、身体は衰弱し、入院を必要とする場合もある。

日焼けの危険性に関してよく指摘されるのが、皮膚ガンのリスク増加である。これは、紫外線が直接DNAを損傷することによるものである。通常の場合、このような損傷は殆どが修復される。しかし、色素性乾皮症のように修復機能が欠損するケースでは、紫外線暴露による皮膚ガンが極めて起こりやすいことが知られている。

ある種の抗生物質、避妊薬及び精神安定剤は、服用者を紫外線に対して過敏にし、日焼けのリスクを増大させる。

欧米諸国において、日焼けは、個人の太陽に対する防御機構を増進するものとして望ましいものと捉えられている。この結果、日焼けになることと、日焼け用のサンルーム人気の増加をもたらしていた。

近年、CFCs(クロロフルオロカーボン:フロンの一種)によるオゾン層の破壊による日焼けの発生とその深刻な問題が、世界的に、特に南半球において増大しており、オゾン層破壊と周期的なオゾンホールの発生が、紫外線を危険なほどに高いレベルまで透過してしまっていることが懸念されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

実はこのお盆、海に行っちゃいました。天気もよく、日焼け止めを念入りにしたのに、焼けちゃいました。
しみそばかすなったらどうしよう。ヒリヒリいたいです。


PR
<< ノバレーゼ、「ブライダル・エクササイズ」を開発 ママになったケリー・チャン、9月に復帰予定>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]