忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年05月27日00:03
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[ニュース]
2009年09月09日13:22
[eiga.com 映画ニュース] リュック・ベッソンが製作・脚本を務めた「アルティメット2/マッスル・ネバー・ダイ」の試写会が9月8日、東京・九段の科学技術館サイエンスホールで行われ、グラビアアイドルの森下悠里が上映前のトークイベントに登場した。


本作はスタント、ワイヤーを一切使用せず生身の肉体だけを使い、タイトル通り究極のアクションを追求した「アルティメット」(04)の続編。多様な人種が入り乱れ、犯罪の巣窟と化したパリ郊外の地区バンリュー13を舞台に、アウトロー刑事ダミアン(シリル・ラファエリ)と前科者レイト(ダビッド・ベル)が再び手を組み、バンリュー13一掃計画の裏に隠された陰謀に立ち向かう。

 森下は、劇中登場する全身タトゥの女性ギャングリーダーを意識して、セクシーな黒いコスチュームにタトゥアートを施して登場。道具を使わず障害物を飛び越えるフランス発祥のスポーツ、パルクールが元になっている本作のアクションに感動したという森下は、自身もスポーツ好きで、最近ポールダンスにハマっていることを告白。「全身の筋肉を使うので、無駄なお肉が絞られます。ウエストが60センチから55センチになりました」と究極のダイエット術を明かし、ポールダンスのポーズも披露して観客を悩殺した。

 映画を見てマッチョな男性の魅力に開眼したという森下は、主演2人のどちらがタイプか聞かれると「ワイルドでありながら、ちょっと可愛らしいレイトがタイプ。女心をくすぐられます」とニッコリ。日本の芸能人では「高橋克典さん、永井大さんの筋肉が素敵」と目を輝かせた。


<yahooニュースより>

ウエストが60cmでも十分細いのに55cmなんて考えられません。
ポールダンスって家じゃできないし、難しいですね。
PR
<< 骨盤ダイエットで骨盤のゆがみを戻す 【華流】ブリジット・リン、復帰を目指しヨガでダイエット>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]