忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年10月22日09:46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2010年04月23日15:39
 欧州CL準決勝バイエルンM-リヨンをミュンヘンで視察した日本代表の岡田武史監督(53)が一夜明けた22日朝、「ロッベンはなかなか大変な選手」などと正直な胸の内を漏らした。

 20日にはミラノで、インテルのMFスナイダーに1ゴール1アシストを見せつけられた。続く21日はMFロッベンと、南アW杯1次リーグで激突するオランダ代表勢の破壊力を、改めて痛感せずにはいられなかった。

 0-3と大敗した昨秋の対戦時のロッベンにも触れ、「前にやったときは内田がまあまあスピードではついていけていた。ただ、彼を抑えるのは…。ああいうシュートで決めちゃうので。崩されてとかではないのに」と、半ばあきれ顔だ。

 さらに、「ファンペルシーにカイトも…。全員にマンツーマンとかもできない」とFIFAランク3位の相手にお手上げ状態。「ともかくシュートレンジが違う。この2試合を見ても日本とは全然違う。危機感を持たせないと」と、今後の合宿でビデオを見させるなどして、選手の意識を再徹底させることを明かした。

 「やっぱりレベルが高い」。分かっていたこととはいえ、岡田監督がナマで受けた衝撃は大きかった。


[サンケイスポーツニュース]より



 個々の力では外国人選手には、なかなか太刀打ちできませんよね。日本はチーム一丸となって集団で戦わなければなりません。そうなると守備的な戦いを強いられることになるのでしょう。オシム前監督以前の代表チームはアジアで苦戦しても、ヨーロッパの強豪国とそれなりの戦いができる試合もあったように思いますが、挑戦者として積極的に戦ったことが良かったのかもしれません。やはり昔の方が日本代表は強かったのでしょうか?
PR
<< 山田花子、結婚 吉瀬美智子、連ドラマ初主演>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]