忍者ブログ
CATEGORY[]
2017年10月22日09:49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CATEGORY[日記]
2010年02月01日15:37

 マラソンとヨットで世界を一周する「アースマラソン」に挑戦中のタレント、間寛平(60)が1月31日、トルコ北部のアラジャアットレで、総移動距離3万キロを突破した。前立腺がんを公表し、内服薬と注射のホルモン治療を続けながらも毎日50キロを走り、絶好調。残り約1万キロ走破に向け、「見たことのない景色をみんなに見せてあげたい」と改めて誓った。

 地球1周まで残り約1万キロの区切りは、現地時間31日午前7時52分(日本時間同午後2時52分)。アースマラソン事務局によると、この日のスタートから6・2キロ走ったところで寛平が総移動距離3万キロを突破した。

 同行スタッフが道端に机を出し、即席パーティー。標高約1900メートル、気温は氷点下のアラジャアットレは一面の雪景色とあって、乾杯はホットミルク。メニューはパンと蜂蜜だった。08年12月に大阪をスタートし、411日目の区切りだ。

 「3万キロ! ほんまにここまできましたわ。ありがとうございます」

 喜びと感謝の言葉を口にした。地球1周は、赤道付近で約4万75キロ。そのほぼ4分の3を走破したことになる。太平洋、北米大陸、大西洋を横断し、ユーラシア大陸へ。12月にボスポラス海峡を横断してアジアに入ったが、今年1月4日、思わぬ事態が寛平を襲った。前立腺がんだ。

 内服薬と注射によって、走り続けながらの治療を選択した寛平には、芸人仲間からのエールや公式ホームページに2000件以上もの激励のメッセージが届いた。

 「走っている時は強気なんやけど、根っこは弱い人間です。みんなの応援、コメントによってここまで頑張れました。元気が出ますわ」

 15日にホルモン治療を受けながらマラソンを再開。600キロ以上を走り抜けた。22日には予定通り、中断してイスタンブールで検査と治療を受けた。そして翌23日、医師からの連絡で、PSA(前立腺特異抗原)の数値が下がっているという、うれしい知らせも受けた。

 現在は標高2200メートルの峠越えを無事に終え、厳寒の中を毎日約50キロ走る絶好調ぶりを見せている。「最近は電波の届かないところでなかなかすぐに伝えられないこともあるけど、みんな待っといてください」と元気いっぱいだ。

 今後はイラン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、中国を経て、日本を目指す。「これからどんなところになっていくか分からないけど、見たことのない景色をみんなに見せてあげたい」。残り1万キロも突っ走る。



[サンケイスポーツニュース]より



 残りがあと1万㎞ということですが、まだまだ残っていますね。病気をおしてのアースマラソンの継続は、残りが僅かだからかと思っていましたが、心配な残り距離ですね。まあドクターストップがかかる症状では無いと言うことですし、完走目指して頑張って欲しいものです。
PR
<< ノリタケ3億円横領 天皇陛下即位20年 EXILEが奉祝歌 皇居前に3万人>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]